日経平均は大荒れ、473円安で前場を終える

今日の株式市場は先週末のダウ急落の影響を受け、
ほぼ全面安となる日経平均473円安で前場を終了。
19000円台を大きく割り込んでいることから、
午後からも売り優勢の流れになりそう。

そんな流れの中で強い動きを見せているのが内需関連株。
特に民泊関連で注目が集まるアパマンショップホールディングス(8889)は、
五連騰となる上昇を見せてストップ高に張り付いた。
民泊は今政府が急速に法整備を進めている案件で、
五輪に向けたホテル不足解消のために、
民間で運営している賃貸住宅を宿泊施設として提供するというもの。
現在は東京や大阪など一部特区のみで許可されていますが、
全国的に解禁になれば関連株は多岐に渡るでしょう。

他では過去最高益を発表したくらコーポレーション(2695)。
こちらは長いスパンで右肩上がりのチャートを描いていますが、
「シャリカレー」など新商品投入により売上増加。
新規出店も順調に進んでおり、今後も成長が期待されます。