投資信託ならSBI証券が良い理由

投資信託口座をSBI証券で開設いたしました。
なぜSBI証券を選んだのか、どういうところがおススメなの?という部分を私なりにご紹介しようと思います。

まず、普通の投資信託を利用する分にはSBI証券はオーソドックスな投資信託がほとんど購入できて便利です。
サービスもオーソドックスなものはそろっており、癖がありません。
他の証券会社さんと比較しても投資信託の種類に関してはNo.1かと思います。

次に海外ETFを種類豊富に扱っており、為替手数料が(SBIネット銀行と連携することで)安くなるという点です。
海外ETFの取引手数料はSBI証券は25ドルでマネックス証券は5ドルです。
頻繁に取引する方はマネックスの方が有利です。
しかし、為替手数料はSBI証券がもっとも安いです。

そのため、大口(100万程度)取引する場合はSBI証券のほうがお得になります。
海外ETFは最近まではSBI証券は特定口座に入れられなかったため、確定申告手続きが必要でしたが
最近特定口座に対応したため、使い勝手がよくなりました。

最後に紹介するのは個人型DCが口座管理手数料が50万以上ではかからず、
業界内で最低コストの商品を取り扱っているという点です。
コストは毎日かかる費用であること、
個人型DCは商品が証券会社でまちまちであることを考えますとSBI証券1択では無いでしょうか?
投資をご検討中の方は是非SBI証券での開設をおススメ致します。