ナンピン買いの落とし穴とは

これから上がると思って買った株の株価が下がり、
そのまま損切りもせず持っていると売るに売れない状況になります。
しかし相場は上下を繰り返すものなので、
ずっと持ち続けていればいずれ株価は元の位置に戻るはず。
そのとき少しでも売りやすいように平均取得価格を下げておこう。
ナンピン買いするときの心境というのは多くがこのような状況でしょう。

しかし株を少しやっている人ならナンピン買いの危険性は理解しているはず。
それでも買ってしまうのは最初にその株を買ったときより安く買えることと、
売ることで負けを確定させてしまうことへの抵抗からだろう。
確かに平均取得価格を下げれば逃げられるまでの価格が下がる。
しかし注意したいのは評価損の金額は少しも減らないのだ。
例えば10万円で1株買って5万円まで株価が下がり、
そこで5万円でもう1株買った場合の平均取得額は15万÷2=7万5千円。
平均取得額は10万円から7万5千円に減ったものの、
2株持っているので評価損は5万円のままである。

つまり、ここがナンピン買いの落とし穴で、
損失が出ていて資産が減っている状況にも関わらず、
ナンピンで買い増しすることでポジションは大きくなっている。
結果としてリスクだけが大きくなっているということだ。
しかも「いつか株価が戻る」というのは根拠のない自分勝手な発想で、
必ず戻るという絶対的な裏付けがない場合が多い。
評価損を今以上に膨らませないためにも負けを認め、
新たな投資先へ資金を注いだ方が遥かに効率的だと言える。