損切りや利食いをしない銘柄

私が2年近く保有しているのが日本通信(9424)の株。
この会社は格安スマホブームの先駆けで、
イオンと提携して発売した「イオンスマホ」が話題になりました。
当時は株価がみるみるうちに上昇してゆき、
一気に安値の20倍近くまで跳ね上がりましたが、
その後は業績が伸びずに株価が低迷。
再度株価の上昇が期待されていた「バイオスマホ」も売れず、
株価は急落して200円台後半を横這いしている状態でした。

これまでに何度も利食いや損切りの機会はありましたが、
私は「この銘柄だけは納得できる株価になるまで触らない」と決めていました。
というのもMVNOとしての評価は下がる一方でしたが、
この会社は単なる格安スマホ会社ではないと思ったからです。
実はすでに海外で無線回線のセキュリテイで特許を取っており、
アメリカやカナダでは多くの無線ATMに採用されています。
今後は日本でもこの技術は持ち込まれる予定で、
恐らく東京オリンピックが開催される頃には凄いことになるかと。

とにかく通信の無線化が進む世の中で、
これから重要になるのはセキュリティになってきます。
再び株価が跳ね上がるのは時間の問題だと思っているので、
その時まで気長にホールドしようと思います。