簡単便利、SBI証券のスクリーニング機能

私が株の勉強をはじめた頃、
最初に難しいと感じたのがテクニカル指標です。
株の値動きを予測するうえで必要不可欠なものですが、
ローソク足の組み合わせは覚えきれないほど数が多く、
すべて暗記して実践で活かせるようになるのはいつになるやら。
そう感じて株の勉強を投げ出しそうになった覚えがあります。
同じように指標の暗記で挫折する株初心者は多いですが、
実はテクニカル指標の多くは暗記なんてする必要はなく、
証券会社のツールでシグナルが発生している銘柄を絞り込めます。

とくに使いやすいのがSBI証券のスクリーニング機能。
検索対象とする取引市場や投資金額を入力し、
絞り込みたい検索条件にチェックを入れて検索するのみ。
一目均衡雲抜け銘柄やゴールデンクロス銘柄など、
トレンドが変わるシグナルが出ている銘柄を表示します。
これなら難しい指標を覚える必要はないですし、
チャートを一つ一つ見て分析する手間も省けます。

sukuri

さらにSBI証券のスクリーニング機能の優れているところは、
PBRやPERの数値で銘柄を絞り込む機能や、
配当利回りでも検索できるので、
投資スタイルを問わず活用できます。
あまりに便利なので他の証券会社のツールも使ってみましたが、
機能性と扱いやすさのバランスはSBI証券がダントツ。
指標を覚えることに苦戦している方にはお勧めのツールです。